アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

病院が担う

■病院が担う予防医学

病院は病気を治すための場所として一般的に認知されている。

しかしそれ以外に、地域や周辺住民と連携することによって病気の早期発見・健康増進のための啓発活動を行なうという機能を担っている場合もある。ボランティアで地域の人々の健康診断を行なったり、生活習慣病予防のためのセミナーを開いている病院もある。

医療費が高騰し、その対策として予防医学が叫ばれる中、いまある健康を守る存在としてのあり方が期待されている。

■病院の活用

病院は病気になってから受診するものですが、長期的にみると健康に生活をしてくために、体調不良を早めに改善するために受診するところと考えてもよい。人が病気をするという事は誰しもあることであり、その病気を早期に発見し、その病気を治療し、そしてこれまでの生活をよりよくするために受診をすればよい。
病気の治療後は、再発しないようにすることが必要であるし、それは自分でも気を付けて生活する必要はあるが、どうしても病院でなくてはわからないところもあるので、そういった意味で健康管理していくとよい。

■病院の注意点

病院のデメリットは、その種類にもよるが、訪れたときに他の患者から病原菌をもらってしまう可能性があることである。

健康だったのに訳あって病院に行ったら風邪をひいてしまった、という例は少なくなく、本来の役割とは逆の役割を果たしてしまう可能性があることがわかる。もちろん風邪をうつされるだけではなく、自分が他人に風邪をうつしてしまう場所にもなりえる。互いにマスクをする、消毒液を使う、むやみやたらに動きまわらないなどの気配りが必要なのである。

話題のサイト

都筑区の内科をお探しならこちらで相談してみましょう。|都筑あずま内科リウマチ科
練馬で人気の心療内科はコチラ:石神井公園クリニック